フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2010年9月 7日 (火)

ACCESSがGraffitiを発表!

以前の記事で、「palmOSの権利を買った、日本のACCESSにもグラフィティのライセンス権利が認められているようなので、開発されると嬉しいのですが・・・」

と書いたのですが、そのACCESSからグラフィティが発表されました!!
日本語入力対応で、一部2ストロークだったグラフィティ2ではなく、全部1ストロークのグラフィティのようです。

この入力方法をまってたんですよね~
ACCESSさん、よくぞ出してくれました。

が、android向けです・・・(T.T)

WindowsPhon搭載機発売に合わせて、WM系OS向けにも発売されることを切望します。

2010年4月21日 (水)

palm、というよりもグラフィティ入力の秀逸さを再認識

先日、クリエTJ25の後継として、ソフトバンクのX02T(≒東芝TG01≒ドコモT-01A)を購入して使い始めました。

直接の原因は、TJ25のジョグダイヤルがたまにおかしくなる(ハードリセットで復旧)のと、バッテリーが寿命を迎えているといった理由のためですが、将来的にはWindowsmobile機に乗り換える必要に迫られるのが明白なためでもあります。

iphoneやandroid機は、今のところ自分の使い方では選択対象外です。
電話はX02NKを継続使用するので、ドコモやイーモバイルから出ている機種も対象外。

国外モデルは日本語化の手間と、故障時のサポートを考えると仕事で使う道具にはちょっと・・・

そうすると、hpからでているiPAQ112か212かソフトバンクのX02TかX01SC(X05及び04HTは販売終了だそうです)くらいということになります。

最終的に、OSが新しく、メモリ、CPU、ディスプレイともにスペックが高く、なおかつ2年分割の制約はあるものの、iPAQ212の1/5の値段で購入できるX02Tに決めました。
いざとなればSIMを挿してX02T単体で通信できるのも魅力です。
iPAQでは、単独通信手段としては通信用CFカードに限られてしまいます。

詳しいレポートは後日として、初めて使うWM機の印象です。

Windowsだなぁ

 第一印象です(^^ゞ

起動(コールドスタート)に時間が掛かる、ソフトが起動し始めるまでや、画面に切り替わるのに時間が掛かる。

 palmはスペックとしては遅くとも、ソフトが軽いことが主な原因だと思うのですが、サクサク動きます。起動も終了も一瞬です。

グラフィティはないのか?

X02Tはソフトキーボードのみの機種で、手書き認識も搭載されてます。
両方とも可もなく不可もなくといったところです。

ソフトキーボードは、キーピッチが小さいからブラインドタッチが難しく、大文字、小文字、数字の切替が面倒。

手書き認識は、当たり前ですが走り書きだと認識率が落ちます。
また「1」と「/」など紛らわしい文字は最初から入力モードを変えておいたほうがイライラせずに済むのかな~

palmのグラフィティは、よく考えられてるとあらためて感心させられました。

グラフィティは、手書き認識2マス分を使って、独自ルールの一筆書きアルファベットと記号、マウスジェスチャを入力します。(OS5のグラフィティ2では普通の筆記体の筆順でも認識されました。)

左マスだけに書くと小文字、右マスだけなら数字、両方に跨って書くと大文字として認識されます。
一筆書きも簡単に覚えられるし、誤認識が少ないように工夫されてます。

なにより、変換、次候補、決定、バックスペースも一筆書きで設定されているので慣れるとまったく手元の入力エリアを見ずに入力できます。

WMだと、いちいちエンターキーやBSキーを「見ながら」押す必要があるので不便です。

WM機を使って、これだけは非常に不満です。

WM用のグラフィティ入力ソフトが出れば売れるとおもうんですけどね。
英語版にはBlock Recognizerというのもあるらしいですが、日本語変換に対応していないらしい。
palmOSの権利を買った、日本のACCESSにもグラフィティのライセンス権利が認められているようなので、開発されると嬉しいのですが・・・

処理はサクサク、画面も綺麗 

さすがに速度が1GHzもあると、処理そのものは速くて快適です。

フォントも細かくサイズ調整が出来て見やすいですね。

使いやすいところもあるな~

palmは本体メモリが少なく、外部メモリーにアプリをインストールするには別途拡張アプリを本体にインストールする必要がありましたが、WM機では気にせずインストールできます。そもそも本体メモリも十分大きいですしね。

拡張性は高いな

X02NKや702NKで使っているBluetoothキーボードもそのまま使えましたし、まだ試してないけど、USBホスト機能もあるのでUSBメモリが使えるかも。

総論

自分にとって、palmの最大の魅力はグラフィティだったと思い至りました。
グラフィティ入力って、紙にメモを取っているような感覚で使えたんですよ。
仕事先で打合せ中に使っても、革カバーを掛けたTJ25なら、手帳にペンで書いているように見えるのでぱっと見には不審がられません。


文字入力ともっさり感を除けば、WM機のアプリでも問題はなさそうです。
もっさり感にしてもWindowsだと思えば我慢のしようもありますしね。(笑)

これから、徐々に使い込んでいこうと思います。

2007年12月12日 (水)

2008年用休日データ

今年も、ソニースタイルからクリエ用(PalmでもOK?)休日データが提供されました。販売が終了してもこういったデータの提供を継続して貰えるのは嬉しいですね。
ダウンロードはこちらから

2007年2月 7日 (水)

TJ25のケースを新調

TJ25には、購入当初よりPDA工房から発売されていたHTTスリムケースを使っていました。純正カバーと同じ固定方法の横開きケースで非常に使いやすかったのですが、2つある固定用の爪の内、下側のものが折れてしまい固定できなくなってしまいました。3
PDA工房でも販売が終了していたため他の物を探していたのですが、販売が終了しているクリエのケースなんてなかなか見つかりません。

Vis-a-Vis

で扱っていた、PDAIRレザーケースもMetal Deluxe Caseも販売終了。

う~ん、コンプマート大須モバイル店の閉店在庫処分でメタルケースを買っとくんだった 。オークションへの出品もめぼしいものがないので、海外ショップへと捜索範囲をひろげ、香港のショップからPDAIRレザーケースの縦開き(横開きはTJ27/37用しかなかった)と、Metal Deluxe Caseを1ヶづつ取り寄せました。

価格は両方とも$17.95、送料が$12で、合計$47.9でした。メタルケースがコンプマートの処分価格で2千数百円でしたから、送料入れてもそれほど高くありません。カード決済も可能でしたが、paypalで支払。


PDAIRレザーケース ※6630で夜の撮影なので上手く撮れていませんが・・・ 03022007_2 03022007001
HTTスリムケースとはちがい、TJ25本体を両側からがっちり固定する方式です。上蓋の内側にメモリースティックを収納するので、液晶保護のために上蓋と本体のあいだにカードケースを兼ねた保護シートが入ります。上の写真で凸凹に見えるのが保護シートです。固定はPDAIRの方がしっかりしていますが、MSの収納はHTTがMSの厚さのくぼみを設けてすっきり収まるのに対し、PDAIRのものはポケットになっているだけなので、実際にMSを入れると、分厚くなるし、ポケットからはみ出す部分に負荷がかかるので使い勝手がよくありません。固定されたため背面のリセット穴やスピーカー部分も塞がれてしまいます。また縦開きのデメリットで、上蓋のストッパーを外した状態でないと、充電も出来ません、コネクタの保護と思えばメリットですが・・・そのほか、ベルトクリップが付属しており、クリップを使わなければアタッチメントを外しておくことも出来ます。

Metal Deluxe Case 03022007004

03022007002_1 03022007003

続いてメタルケースです。使い勝手をよくするために、各部が切り取られていてケースに入れたままでHOTSYNC&充電、リセット、MSの抜き差しが可能、スピーカー部分もちゃんと開いています。
蓋の裏側にはMS収納スペースが設けられています。抜く時にMSに負担がかかりそうです。MSの収納で一番使いやすかったのはHTTケースですね。
内側にはネオプレーンゴムが貼られており、ガタもなく傷も付きにくいと思われます。ただし、見た目はハードですが、コネクタ周りやMSスロット周りは開いているし、内張もガタつき防止程度の厚みなので、プロテクション効果は見た目ほど高くはないと感じました。 仕事ではPDAIR、デイパックに放り込むようなときはメタルケースと使い分けています。

2006年7月 5日 (水)

ハードリセット その後

TJ25でハードリセットからのレストアでループしてしまう問題ですが、MSbackupのバックアップセットの4番目からレストアした場合にのみ起こることが判明。ほかのバックアップセットからレストアしたものも4番目にバックアップしてレストアすると駄目です。よく見ると同じ内容のバックアップセットになるはずなのに、4番目のセットはもとのセットよりサイズが大きくなっています。これだな・・・。
母艦上でメモリースティックのバックアップを取って、問題の4番目のセットをディレクトリごと削除、再度ディレクトリを作成します。TJ25に戻して、作り直した4番目にバックアップ、今度はバックアップ元と同じサイズになりました。ハードリセット&4番目からのレストアも正常に終了。 なぜかデジタイザーの調整を行った場合のエラーも出なくなりました。とりあえず解決です。

2006年7月 2日 (日)

ハードリセット

このところ、クリエTJ25でハードリセットが頻発しています。

先日のpalmPDFで大きなサイズを開いたときにメモり不足になり、エラーが出てハードリセットしたあたりから不調です。今日はデジタイザの調整をしたら、まっしろになってフリーズ。ソフトリセットでは起動中にエラーが出てしまうので、ハードリセットを敢行。

MSbackupでレストア。

PowerGUARDが前回電源オフにしたときバックアップしたPIMデータをCLIEFILEで書き戻す。

PowerRUNのショートカットの更新を行う。

作業自体は、2~3分で完全に元にもどせるのですが、MSbackupで最後に作ったセットをレストアすると必ずエラーになってしまいます。しょうがないので、1週間前に作ったセットをリストア。こちらは無事起動しました。念のため、デジタイザを調整したら、また真っ白になってフリーズ。もう一回ハードリセットしてたら、今度はデジタイザの調整をおこなってもフリーズしなくなりました。何が原因なのか今のところ不明です。

2006年6月29日 (木)

palmPDF1.3 その2

TJ25にpalmPDF1.3を入れて色々試しましたが、結局、官公庁が配布している、PDFファイルだと日本語表示ができない場合が多く、自作PDFでも、サイズが大きいと(約400KB)、読み込んだ最初の65%表示では日本語が表示されるのに、100%に変更すると表示されなくなり、65%に戻してもダメ。小さめのPDF(約100KB)でも、表示の拡大縮小を繰り返しているうちに表示がおかしくなってしまいました。

相変わらずファイルの読み込みと、表示倍率の変更に時間がかかりますね、出先でさっとTJ25を出して見るというわけにはいかなさそうです。

スクロールは快適なんですけどね・・・

2006年6月28日 (水)

palmPDF1.3

palmPDFが1.3にバージョンアップしていたので、TJ25にインストールしてみました。以前のバージョンでは日本語表示がまったく出来なかったのですが、今回は表示されました。まだエクセルを変換した自作のPDFファイルしか試していませんが。表組みも乱れていません。これから外出なので、あとでソフトのマニュアルなど普通のPDFも読めるか試してみます。

palmPDFの配布元http://www.metaviewsoft.de/en/Software/PalmOS/Freeware/PalmPDF/index.html

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト