フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2011年11月11日 (金)

WorkingHotspotサービス終了?

X02NKには、workinghotspotというX02NKを無線LANのアクセスポイントにするソフトをいれてPCやSIM無しのX02Tを接続していたのですが、9月半ばから突然接続できなくなりました。

3G回線への接続は成立するのですが、workinghotspotからは認識しなくなってしまったようです。

再インストールしたり3Gのアクセスポイントを新設したりしても症状は変わらず、サポートを見ようとしたら販売元のサイトからもworkinghotspotに関するページが無くなっていました。

調べていくうちに、このソフトのWindowsmobile版を標準ソフトとして端末を出していたAUのプレスリリースが9/15に出ているのを発見。

メーカーの都合によりサービス終了とのこと・・・

てっきりスタンドアロンのソフトだと思ってましたが、サーバー経由だったのか・・・

早速、メーカーに対して、
「期限無しのライセンスを購入しているのに、ユーザーになんの連絡もなくサービス終了ってどういうことや!ちゃんと説明せい!!」ってメールを送りましたが、いまのところ無視されてます。

こういうとき国内なら電話掛けてお終いなのに、海外が相手だと、ネット翻訳頼りの怪しい英文メールでやりとりするしかなく面倒です。

サービス終了ならJoikuspotに乗り換えるしかないか・・・

2011年1月21日 (金)

X02NK(NOKIA N95)でYOUTUBE

mobiTubeが対応しなくなったのと、skyfireが日本でのサービスをやめたおかげでX02NKでは直接youtubeを見ることが出来なくなったと思っていたのですが、本家からこんなソフトが出てました。

YouTube(Symbian)

・Email to Phone
・SMS to Phone
・Download to PC
の三つからダウンロード方法を選択するのですが、なぜか「Download to PC」で表示されるダウンロードリンク先がエラーになります。

そこで「Email to Phone」を選択しPCアドレスを送信、送られてきたリンク先からはPCでダウンロードできました。

X02NKへのインストールは外部メモリで大丈夫でした。

起動するとこんな感じです。

ちゃんと日本語も通ります。

検索結果は横一列にサムネイルが表示され、選択中のデータが下に表示されます。

再生を開始すると自動的に横画面に切り替わります。
skyfireのように、画面サイズと再生位置を調整してやる必要もありません。

早送りなども出来ます。
再生終了後はreplayのみが表示され、PCで見るときのような関連動画のサムネイルは表示されません。

画質はそれなりですがN95の画面で見るならこんなもんでしょう(笑)
綺麗な画質で見たければ、X02TやPCで見りゃいいんですからね。

2010年4月21日 (水)

palm、というよりもグラフィティ入力の秀逸さを再認識

先日、クリエTJ25の後継として、ソフトバンクのX02T(≒東芝TG01≒ドコモT-01A)を購入して使い始めました。

直接の原因は、TJ25のジョグダイヤルがたまにおかしくなる(ハードリセットで復旧)のと、バッテリーが寿命を迎えているといった理由のためですが、将来的にはWindowsmobile機に乗り換える必要に迫られるのが明白なためでもあります。

iphoneやandroid機は、今のところ自分の使い方では選択対象外です。
電話はX02NKを継続使用するので、ドコモやイーモバイルから出ている機種も対象外。

国外モデルは日本語化の手間と、故障時のサポートを考えると仕事で使う道具にはちょっと・・・

そうすると、hpからでているiPAQ112か212かソフトバンクのX02TかX01SC(X05及び04HTは販売終了だそうです)くらいということになります。

最終的に、OSが新しく、メモリ、CPU、ディスプレイともにスペックが高く、なおかつ2年分割の制約はあるものの、iPAQ212の1/5の値段で購入できるX02Tに決めました。
いざとなればSIMを挿してX02T単体で通信できるのも魅力です。
iPAQでは、単独通信手段としては通信用CFカードに限られてしまいます。

詳しいレポートは後日として、初めて使うWM機の印象です。

Windowsだなぁ

 第一印象です(^^ゞ

起動(コールドスタート)に時間が掛かる、ソフトが起動し始めるまでや、画面に切り替わるのに時間が掛かる。

 palmはスペックとしては遅くとも、ソフトが軽いことが主な原因だと思うのですが、サクサク動きます。起動も終了も一瞬です。

グラフィティはないのか?

X02Tはソフトキーボードのみの機種で、手書き認識も搭載されてます。
両方とも可もなく不可もなくといったところです。

ソフトキーボードは、キーピッチが小さいからブラインドタッチが難しく、大文字、小文字、数字の切替が面倒。

手書き認識は、当たり前ですが走り書きだと認識率が落ちます。
また「1」と「/」など紛らわしい文字は最初から入力モードを変えておいたほうがイライラせずに済むのかな~

palmのグラフィティは、よく考えられてるとあらためて感心させられました。

グラフィティは、手書き認識2マス分を使って、独自ルールの一筆書きアルファベットと記号、マウスジェスチャを入力します。(OS5のグラフィティ2では普通の筆記体の筆順でも認識されました。)

左マスだけに書くと小文字、右マスだけなら数字、両方に跨って書くと大文字として認識されます。
一筆書きも簡単に覚えられるし、誤認識が少ないように工夫されてます。

なにより、変換、次候補、決定、バックスペースも一筆書きで設定されているので慣れるとまったく手元の入力エリアを見ずに入力できます。

WMだと、いちいちエンターキーやBSキーを「見ながら」押す必要があるので不便です。

WM機を使って、これだけは非常に不満です。

WM用のグラフィティ入力ソフトが出れば売れるとおもうんですけどね。
英語版にはBlock Recognizerというのもあるらしいですが、日本語変換に対応していないらしい。
palmOSの権利を買った、日本のACCESSにもグラフィティのライセンス権利が認められているようなので、開発されると嬉しいのですが・・・

処理はサクサク、画面も綺麗 

さすがに速度が1GHzもあると、処理そのものは速くて快適です。

フォントも細かくサイズ調整が出来て見やすいですね。

使いやすいところもあるな~

palmは本体メモリが少なく、外部メモリーにアプリをインストールするには別途拡張アプリを本体にインストールする必要がありましたが、WM機では気にせずインストールできます。そもそも本体メモリも十分大きいですしね。

拡張性は高いな

X02NKや702NKで使っているBluetoothキーボードもそのまま使えましたし、まだ試してないけど、USBホスト機能もあるのでUSBメモリが使えるかも。

総論

自分にとって、palmの最大の魅力はグラフィティだったと思い至りました。
グラフィティ入力って、紙にメモを取っているような感覚で使えたんですよ。
仕事先で打合せ中に使っても、革カバーを掛けたTJ25なら、手帳にペンで書いているように見えるのでぱっと見には不審がられません。


文字入力ともっさり感を除けば、WM機のアプリでも問題はなさそうです。
もっさり感にしてもWindowsだと思えば我慢のしようもありますしね。(笑)

これから、徐々に使い込んでいこうと思います。

2008年1月28日 (月)

X02NK

ソフトバンクからN95と思われるモデルが、X02NKとして出ますね。

http://www.softbankmobile.co.jp/corporate/news/press/2007/20080128_09/012.html

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080128_softbank_2008_spring/

撮影した画像をワンクリックでmixiにアップ出来るとのこと。
そのほか、HSDPA対応、ツアイスレンズの500万画素オートフォーカスカメラ、GPS内蔵。

自分としてはこれよりも、X01NK(=E61)で個人契約出来るようにしてほしいものです。

2008年1月20日 (日)

新型アテンザ~CF-NET~

ランティスには、PNDのGRMIN NUVI360を乗せていますが、ナビとして使わなくてもNOKIA 702NKと接続するためのbluetooth carkit として使用するために電源を入れていたりします。
これがまた便利なもので、bluetoothは一度使うと止められなくなります。
<過去記事参照>

ランティスの後継と言えないこともないアテンザの新型に搭載される、CF-NET機能。
これにはBMWのiDrive同様(日本仕様にはbluetooth機能が無い?)、エアコンなどの操作の他、bluetoothが搭載されるそうです。
アテンザのwebサイト中のCF-NETの項目ではまったくbluetoothについて言及されておらず、ピーター・ライオン氏の試乗インプレッションビデオ中に出てきたので、bluetoothを搭載していることが判った次第です。

bluetooth内蔵ナビではなく、先代アテンザでもあったエアコンやオーディオの総合表示ディスプレイを使用する物のようなのでナビ無し車でも使えるのかな?

どこまでのプロファイルを載せてくるのか細かい仕様は不明ですが、ヘッドセットプロファイルだけでも便利な物ですので、ぜひ他の車種にもOP設定して欲しいものです。

2007年9月 6日 (木)

BL-5C続報

9/5付けでソフトバンクよりSMSが送られてきました。

それによると、

・702NK、702NK2、804NKを使用中のユーザーにノキアジャパンより良品を送付する。

・発送スケジュールは、9/4より順次、請求書送付先として登録された住所へ発送。

とのことです。

もうすこし早く発送スケジュールを発表してもいいのではないかと思います。

2週間以上ほったらかしで、昨日から発送してますって言われてもねえ・・・

2007年8月15日 (水)

松下製 NOKIA向け電池パック「BL-5C」に不良品、全品交換へ

昨晩深夜にソフトバンクからのお知らせSMSが届く、確認すると、NOKIAの電池パックとしてはポピュラーな「BL-5C」で充電中にショートして異常過熱や電池パックの膨張が起こるので、交換用の良品を送るとのこと。

対応方法は、各キャリアからユーザーに良品が送付されるのを待つ、またはNOKIAの確認サイトで対象となる製造番号かどうかを確認し対象であれば良品送付をNOKIAに申し込むこととなる。

所有する2個のBL-5Cのうち1個が対象となっていました。
それにしても、最近リチュウムイオン電池のトラブルが多いですね。

関連会社合同のプレスリリースはこちら

NOKIAの対象BL-5C確認サイトはこちら

2007年5月18日 (金)

nuvi360インプレッション #6

今回は評判(?)の音声案内について。

nuviの音声案内は、英語2種類、日本語2種類の計4種類から選択できます。

英語は置いておくとして、日本語は「日本語(TTS)」「日本語」の2種類から選択します。
「日本語(TTS)」では、交差点名、インター&ジャンクション名なども読み上げられます。

「日本語」では上記の名称の読み上げはありません。そのかわりジャンクションやオーバーパスなどに限定され、なおかつ右車線か左車線かだけですが車線も案内されます。

どちらも案内音声はシンプルで、「120m先、(XX通2丁目)、右です」(かっこ内は「日本語(TTS)」のみ)としか言いません。
名無しの交差点で右折後すぐ左折だったりすると、「右です、続いて左です」となり、タイミングによっては最悪「右です、左です」と慣れないと混乱する案内をしてくれます。(^^ゞ

説明書を読むと、テキストデータを合成音声で読み上げる「日本語(TTS)」より、事前録音データをつなぎ合わせる「日本語」の方が自然に聞こえる印象を得ますが、実際は似たり寄ったりの出来だというのが感想です。
ただし残距離の読み上げに関しては、合成音声の「日本語(TTS)」の方が聞き取りやすいと思いました。

聞き取りやすさや、情報量から言えば、「日本語(TTS)」で問題ないはずなのですが、「日本語(TTS)」には大きな欠点が存在します。

それは、全てのジャンクションにおいてそのまま直進する場合、ジャンクションに進入する場合、どちらの場合でも「XXジャンクション、直進です。」と案内してしまうのです。名神高速を名古屋から大阪方面に向かい、小牧ジャンクションで中央道に乗る場合でも、「小牧ジャンクション、直進です」と案内されてしまいます。これでは道を間違えます。

インターチェンジであれば案内はちゃんと「高速XX出入口、左です」と案内するのですが、名古屋インターの様にジャンクションの中に出口がある場合だと、
「名古屋ジャンクション、直進です、続いてランプ直進です」
と案内した後に、「高速名古屋出入口、左です」という具合に音声案内に従うと下り損なってしまいます。

一方、「日本語」を選択した場合は、ジャンクション名やインター名は読み上げられませんが、ジャンクションにおいても「車線は左です」と正しく案内されます。

逆に高速に入る場合も、入り口の案内はちゃんと、右、左を案内するのですが、ランプウェイの案内が、ジャンクションの場合と同じく全部「直進です」と案内してくれます。

高速道路なら、さすがにどの方面に行くか間違えることはないと思いますが、一般道に置いてもジャンクション形状の交差点だと、実際には左折なのに案内は「直進です」と案内されてしまいます。

画面に表示される文字案内ではちゃんと「左車線」「右車線」と表示されているので、バージョンアップで解消できる問題だと思うのですが、最新バージョンでもこの問題は解消されていません。

早急に解決する必要がある問題だと思います。

続く

2007/5/29のファームウェア Ver.3.24で改良されました。

2007年5月 1日 (火)

nuvi360インプレッション #4

今回は、ナビ画面について。

メニュー画面です。背面のフリップアンテナを広げないと測位は開始されません。
閉じた状態ではシミュレーションモードとなります。下の画像はシミュレーションモードです。測位モードの場合左上、bluetoothロゴの左に受信感度を示す携帯電話でおなじみのアンテナが表示されます。














メニュー画面で、「地図」をタップすると下記のナビ画面に切り替わります。
トラックアップと3Dについては、私は使わないのでノースアップについて。
まあ表示される内容はおなじですから・・・(^^ゞ














自車は、青三角のカーソルで表示されています。そのほかセダン風、SUV風、クーペ風のカーソルが内蔵されています。バイクのカーソルもダウンロード出来るようです。

「+」「-」で30mから1,200kmまで拡大、縮小(押しっぱなしでリピートします)、ナビポイントに近づくと、自動的に拡大表示されポイントを通過すると元の縮尺にもどります。

赤が高速道路、オレンジが国道及び県道などの幹線、灰色がその他ですが、幹線以下の道路は路地まで同じ太さで区別が付きません。
設定にある詳細度の高低は表示を縮小していった際に、どこまで灰色の道を表示するかの違いのようです。


一方通行の表示はなく、nuviが選ぶルート(ピンクの太線)をみると、一歩通行は無視したルートを選ぶ時があるので、データとしては持っていないと思われます。

ルート上、次のナビポイントと方向が白矢印で表示されます。

オービスデータをダウンロードすると、ルート上にオービスがあった場合。
下画像のようにカメラアイコンが表示されるとともに、高速で500m、一般道で300m手前からアラームが鳴ります。














ちなみに、最初の画像が昼間表示、これが夜間表示です。
どちらか固定or時間によって自動で切り替えが選べます。
周囲の明るさで自動切り替えは出来ません。

ディスプレーの輝度を最小にしていても消灯にはならず、夜間は消灯でちょうど良いくらいです。視程時間で輝度最小になるようにしていても、ポイントに近づくと自動で設定した輝度に戻るのは使いやすいです。

地図を表示させておいて、ある地点までのナビゲーションを設定するには、目的地検索で地図を選ぶか、ナビ画面で画面をタップして、上のように画面下に「戻る」「出発」と表示させた状態で目的地を選び、右下の出発をタップすると、上画像の場合だと右中程にあるカーソル位置へ向けてナビゲーションを開始します。既に開始している場合は、経由地とするか聞いてきますので、「はい」を選択すれば経由地として設定され、「いいえ」を選択するとここを新しい目的地としてナビゲーションを開始します。

最初のナビ画面で右下「転換地点 400m」をタップすると、次のポイントの拡大表示になります。














この画面では、常にトラックアップ表示です。
拡大縮小は出来ますが、表示範囲の移動は出来ません。
一定時間でナビ画面にもどります。

ナビ画面で上部、緑のタイトルバーをタップすると、ナビポイントが上から順に表示されます。通過すると純に消えていきます。














見たい箇所をタップすると、ひとつ前の画像と同じ拡大表示になります。
ただし、この場合はポイントを通過するまで拡大表示のままで、通過すると次のポイントの拡大表示に移行します。

<評価>
ナビゲーションは、小さな画面なのに理解しやすく工夫されていると思います。

問題は、路地も一般道と同じ太さで表示されるので、実際その場に行くまでどの程度細い道を通らせられるのかわからないという点です。

地図の情報量は多いとは言えませんし、画面が小さいから邪魔にならないようにするためか、施設のアイコンが小さめで、最大に拡大しても小さいまま、なおかつブランドが違っても同じアイコンのままです。(シェルもENEOSもスタンドは全部同じアイコン)
そしてタウンページ等に掲載されている名称どおりに表示されます。
どういう事かというと、たとえばコンビニは「サークルK**店」と表示されるからアイコンが同じでも判別できますが、ガソリンスタンドは「(株)佐藤石油店」とブランド名ではなく小売会社の会社名が表示される場合がほとんどです。これではどのメーカーのスタンドか、会社名にメーカー名が入っていなければ判らないので、非常に不便です。

そして、個人的に問題にしたいのが、自動車ディーラーの施設のリストの中にマツダが入っていないんです。

トヨタ、日産、ホンダ、スズキ、キャデラック、サーブ、オペル、ミニ、フォード、ジャガー、アルファロメオ、シトロエン、アウディ、ボルボ、BMW、プジョー、ルノー、GM、クライスラー、VW、ポルシェ、コーンズまであって、マツダ、三菱が入っていない。意図的に外してるんじゃないかと勘ぐってしまいそうです。


電話番号検索が充実しているの電話番号が判れば出てくるのが救いですが・・・

続く

次回は、なにかと評判の悪いnuviの音声案内について

2007年4月23日 (月)

nuvi360インプレッション #2

nuviにはシガーソケット用アダプタ、ACアダプタ、PC接続用USBケーブルが付属してきます。それぞれで充電できます。カタログでは外部入力10-30VとなっていますがUSBの5Vで充電できます。しかしUSBケーブルではPCとの接続画面になってしまいナビとしては機能しません。

nuviをUSB接続の外部バッテリーと組み合わせて、TLでナビとして使うにはGPSストアさんオリジナルのUSBケーブルが必要です。このケーブルであれば、PC接続画面にならずに使用できます。電話とメールでのやりとりでしたが、詳しく、親切な応対でした、また品物も発注の翌日には届きました。遠方な為お店には行けませんでしたが初めてGPSを買うのであればこういうプロショップがおすすめです。nuviやzumoのデモ機もあるそうです。

【自己責任で!!】
nuviと外部バッテリーを接続しPC接続画面になったところで、バッテリー側のコネクタを一旦外して、再度接続するとナビ画面のまま動作するということが色々試している内に判明しました。
安全かどうかは不明ですしいちいちコネクタを付けたり外したりというのは非常にめんどうなので、素直にGPSストアさんのケーブルを使用することをおすすめします。

続く

次回、ナビ画面について

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト