フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« トラックボール 発動編 | トップページ | 22万9,611kmランティス オイル交換 »

2013年9月13日 (金)

クシタニ主催HMS鈴鹿ライディングスクール

STEC鈴鹿サーキット交通教育センターで行われた、クシタニ主催のライディングスクールに参加してきました。
バイクに乗るのは4月のスクール以来ほぼ半年ぶり、最近はTLに乗るよりも、スクールでCBR600に乗る機会の方が多いくらいです。

内容はHMS鈴鹿の中級コースに準ずるもので、今回はブレーキング&Jターン、コーススラローム、パイロンスラローム、オフセットスラローム、低速バランス。
今回は急制動がなかったな・・・

コーススラロームは上の写真右端からスタートして、前半は画面手前の左右ヘアピン+直線の繰り返しと、左端の中程度のRのS字。
後半は、中央部分にゴチャゴチャと集中しているパイロンセクションを抜けてゴール。
このパイロンセクションが楽しみなのですが、ここ数年いやらしいセクション設定が無くなった気がします。
パイロンの間隔がホントに狭い区間でのフルロックからフルロックへの切り返しを要する、ハンドルの切れ角が小さいCBR600にとっては厳しいセクションが無くなりました。一見狭そうに見えても、その前後が広めでライン取りが楽だったりします。
本来のHMS中級だともうちょっと厳しいのかな?

低速バランスは、一本橋と低速スラローム。
キャンバー走行中の低速スラロームじゃないのでひと安心、キャンバー走行中だと谷側にフルロックまできってちょっとでもバンクさせたが最後、CBR+自分の腕では切り返すことができなくなります。
こういった低速バランスもCBRには酷な科目です(T.T)

インストラクターがひとりひとりと伴走し、適宜アドバイスが入ります。
曰く、『スムースに乗れてはいるが、ブレーキングから倒し込みを探りながら行っているのではないか、結果、倒し込みが遅くなりフルバンクになる位置が奥すぎる』とのこと・・・orz
アドバイスは『フロントブレーキをもっと強く、かつあと50cm奥まで引きずって、素早く深くバンクさせる』といわれました。
コーナー後半にかけてブーツのバンクセンサーが接地するのは自覚していましたので、今後の課題です。
それにしてもよく見てるな~
春と秋の年2回、10年ほど通ってますが、毎回得る物があり飽きないスクールです。

今回から、個人情報の問題でスクール中の個人カメラ撮影が禁止になったので、スクール中の写真は後日。

« トラックボール 発動編 | トップページ | 22万9,611kmランティス オイル交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182461/58184583

この記事へのトラックバック一覧です: クシタニ主催HMS鈴鹿ライディングスクール:

« トラックボール 発動編 | トップページ | 22万9,611kmランティス オイル交換 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト