フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月 8日 (木)

トラックボール 発動編

AL-N2で快適だったトラックボールをデスクトップでも使用したいと見つけたのが、ロジクールのトラックマンマーブルFX

下の画像を見ても判るように、かなり大柄ですが、本体を動かす必要がないので書類を広げた机の上でも邪魔になりません。

これを仕事場では、かれこれ10数年愛用しています。

その後、自宅用としてもトラックマンマーブルFXを導入しようとしたのですが既に生産終了。

かわりに導入したのが、同じくロジクールのCT-100です。

CT-100

これは、今ひとつでした。
まず、ワイヤレスなのに感度が悪く木製の机上でも有効半径は1mくらいしかありません。
ボールも小さめでトラックマンマーブルFXほど操作感がよくありません。
ホイールボタン(画像では赤いボールの左側、黒と銀の境目のすぐ左に縦に並んでいるボタン)がボールから離れているため、人差し指の移動量が多く、ホイール及びその周辺3つのボタンは操作しづらい配置です。

それでも、マウスよりは使いやすいのでこれを続けて使っていたのですが、ワイヤレス部分の耐久性に乏しく、通算で2台使いましたが両方とも数年で接続しなくなりました。

そこで今回の後継のトラックボールを選択した訳ですが、ロジクールだと大きめのボールの現行機種がありません。
現行機種だとM570の評判が良いですが、懸念材料は小径ボールで親指操作であることと、これもワイヤレスであることです。

親指操作は慣れと好みの問題ですが、トラブルの元となるワイヤレスはいやだな~というのと、そもそもトラックボールでワイヤレスのメリットをあまり感じないので、却下。

結局、人差し指と中指操作及び大玉で評判が良いケンジントンのエキスパートマウス7を購入しました。

同じケンジントンから、スリムブレードトラックボールという大玉の機種もありました、デザインはきれいなのですがボタンと本体が一体成形で、押す場所によっては操作が硬そうなのと、ボタンの割当に制限があるので、エキスパートマウスにしました。

さて、エキスパートマウスですが、判っていたとはいえでかいです(笑)

CT100と比較してみます。

専有面積も

高さもあります(爆)

机からはみ出しそう~

ボールの動きは非常に滑らかです、トラックマンマーブルFXと同等かな?

スクロールリングは、機能は文句なしですが操作感がいまひとつです、どこか擦れている様な抵抗を感じることと、その抵抗が一定ではないことです。
たとえが変かもしれませんが、人生ゲームのルーレットを回しているようなガサガサ感を感じます。

手の置き方を制限しないデザインなので、皆さんいろいろな持ち方をされているようですが、自分の場合は次の通りです。

・附属のパームレストは使用しない
・ボールは人差し指と中指の第二関節と基節あたりで操作
・親指の腹を、左上ボタン(ダブルクリック)と左下ボタン(左クリック)の両方に跨って置き、指を移動させずに両方を操作
・薬指で右上ボタン(長押しで「進む」、短押しで「戻る」)
・小指の付け根で右下ボタン(右クリック)
・ボールの周りのスクロールリングは親指で操作
・左下ボタン、右下ボタンの同時押しでスクロール

ドライバーは、ケンジントンのものではなく、windows標準ドライバーにHUTとトラックスクロールで各ボタンに機能を割り当てています。

トラックマンマーブルFXもエキスパートマウスも手をすっと自然に置いた状態で使えるのが良いですね、CT-100は若干ボタン配置に不自然なところがありましたから・・・
エクスパートマウスは、スクロールリングの操作感がもっと滑らかであれば文句なしです。

トラックボールは敬遠する人も多いですが、慣れると病みつきになります。
特に長時間マウスを使う人にはお勧めですよ。

トラックボール 接触編

自分はPCのポインティングデバイスとして、マウスではなくトラックボールを愛用しています。

トラックボールとの出会いは、遡ることウン十年、ゲームセンターのアーケードゲーム、テーカン ワールドカップやマーブルマッドネス、S.D.Iです。

テーカンワールドカップ

マーブルマッドネス

SDI

この頃(80年代中盤)はトラックボールを使ったアーケードゲームがいくつか出てましたね。
どれもトラックボールの特性である、慣性を生かした操作感で面白かったです。

この頃触れたコンピュータはNECのPC88やシャープのMZなど、すべてテキストベースでキーボードのみ、マウスなんて全く見かけない時代です。

その後Windows3.1~Windows95で、自分もマウスを使うようになったころ出会ったのが、パナソニックのトラックボール搭載B5ラップトップ let'snote AL-N2です。

AL-N2

このトラックボールが非常に滑らかで、いまだにこの操作感を超えるポインティングデバイスを持つラップトップには、出会えていません。

この快適なトラックボールの操作感をデスクトップでも使えないかな~と思い、見つけたのがロジクールのトラックマンマーブルFXでした。

以下、トラックボール 発動編 に続く

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト