フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« レカロ SR-6の微調整 | トップページ | 22万5,195km ランティス オイル交換 »

2013年1月21日 (月)

TL、バッテリー交換 #4 SHORAIバッテリーの経過

2011にSHORAIバッテリーの入荷遅れの為、一旦、SUPER NATTOを使い始めた所までが前回の記事です。

その後2011年の11月にSHORAIを購入したものの、とりあえずSUPER NATTOが使えているため、SHORAIはそのまま1年放置していました。

屋内保管で、2ヶ月に一回くらいの頻度でテスターで電圧は測っていましたが、1年間を通じて13.5v程度で、特に電圧の低下は認められませんでした。
途中、冬場の始動時に電圧低下のトラブルが発生するという情報があり、屋外に放置して、電圧を測ってみたりもしましたが特に変化無しでした。

一方、TLで使い始めたSUPER NATTOは1年ほど使いましたが、始動時にセルの勢いが弱くなったのと、横積みの為かバッテリーの蓋から謎の液体がしみ出してきたのでSUPER NATTOに見切りをつけ、2012年の11月に1年放置のSHORAIに載せ替えました。

1年放置後のSHORAIは何の問題もなく使用できました。
まあ、長期保管可能を長所に上げている商品ですから、問題があったら困ります。

その後、まったくTLのエンジンを掛けることも充電を行うことなく2ヶ月が経過したところで、電圧の確認とエンジンの始動を行ってみました。

始動前の、電圧計での電圧は 12.8V。
電圧計の表示は、バッテリー端子でのテスター計測より0.5V程低い数値を示すのでテスターで測ったとしたら13.4Vとなるはずです。

SUPER NATTOの場合、1ヶ月経過時点で0.8~0.9Vほど低下したので、それと比べると、下がってないと言えます。

SHORAIが公表しているバッテリーの残量換算表によると、13.4Vであれば90%以上残っているようです。

エンジンの始動性も、2ヶ月前と変わらずセル1発で始動。
いろいろ話題になった、エンジン始動前にライトの点灯などでバッテリーの暖気?をする必要があるという「儀式」も必要ありませんでした。
自分の場合は零下まで気温が下がる地域ではないし、レギュレターも新品に交換後でアイドリングで14.1~3V、その他の回転でも13.7V程度ですから車体の条件もよいのかもしれません。

今後、TLに搭載状態で放置した場合、電圧がどう変化していくか報告していきます。

« レカロ SR-6の微調整 | トップページ | 22万5,195km ランティス オイル交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182461/56592719

この記事へのトラックバック一覧です: TL、バッテリー交換 #4 SHORAIバッテリーの経過:

« レカロ SR-6の微調整 | トップページ | 22万5,195km ランティス オイル交換 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト