フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月 5日 (水)

乗り換えました!

新しい塗装のランティスにね(*^-^*)

ヤレにヤレた塗装を、ついに全塗装してしまいました。
色換え無し、元々の色のままです。
艶々で、隣の車や木々、青空が写りこんでいるのがたまりません。

今回の長期入庫でのもうひとつの目的は、こちらです。


運転席にはサポート優先で、SR-6を入れました。


助手席には、乗り降りしやすいSR-7Fを入れました。

新品の純正シートが入手できれば、それに越したことはないのですが・・・
ないものは仕方がありません。

運転席に取り付けたSR-6は、身長173cmの自分がぴったり収まります。
特にショルダーサポートが大きく張り出していて、しっかり肩がホールドされます。
腰周りや、太腿周辺もタイトで冬物のジャケット類を着たままでは座ることができません(笑)
ちょっと体格に良い人だと座れないのではと、思うほどタイトです。。

助手席のSR-7Fとデザインを合わせて、SR-7も検討したのですが、自分の体格だとSR-7は純正シートよりもホールド性が劣ります。
肩甲骨部分の隙間が大きく、太腿のサイドサポートも角度が開いているので、実際にサポートとして有効なのは下1/3程度しかなく、サポートの意味がありません。
ホールド性優先でSR-6を選択しました。

レカロ純正シートレールとの組み合わせですが、純正シートと比べると、若干着座位置が上がります。

上の図のように、座面の角度は純正の方が急で、前上がりになります。従ってSR-6のほうが純正よりも足を投げ出す姿勢になります。
SR-7FやSR-7も同じ傾向です。

助手席は乗り降りし易さ優先でSR-7Fを選択、こちらは純正と同等の乗り降りし易さです。
SR-6と比べて座面やサポートのウレタンが柔らかくて快適さ優先の作りになっています。

快適さ優先ならSR-6より、SR-7やSR-7Fでしょう。

そのほか、今回同時に手を入れたのは次の通りです。

・リアハッチダンパー交換。
マツダでの在庫が左側用のみ2本で在庫切れ。右側は在庫無しです。
ダンパー本体は左右共通に見えるのでその左側2本を取り寄せ、1本を今ついている右ダンパーを分解して外した台座を流用して取り付けてもらいました。

・モール類交換
雨漏りの修理と合わせて、現在、部品として出るものは全て交換して貰いました。
ルーフモールは、最初は在庫無し生産終了だったのですが、ぎりぎりになってなぜか左右1セット出てきました。

・助手席ウインドーガイドプーリー交換
定番の部品交換です。これが割れるとガラスにガタが出て立て付けが悪くなります。

上記に加えて、入庫させる直前にエアコンのコンプレッサーが焼きつき、コンプレッサーもついでに交換しています。

それなりに費用も掛かっていますが、新車に乗り換えることを思えば安いもの、と正当化することにしています。
廃人一直線?

しかし、段々純正の内装ではなくなって行くのが残念です。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト