フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 8耐に行ってきます。 | トップページ | nuvi360修理と新Map »

2008年7月29日 (火)

8耐報告

今年の8耐も、ヨシムラ #34 秋吉選手のホールショットで始まった。

昨年と違うのは、新型CBRを駆るHRC #11、清成選手の速いこと!
1周目の最終コーナーからヨシムラのスリップにも入らずグランドスタンド前辺りであっさりと抜いてしまった。

このあと何周か抜きつ抜かれつするシーンがモニターに映し出されるが、Dスタンドで見ているとCBRの方が速そうである。秋吉選手もフロントをスリップさせながら追いすがっている様子が実況放送から流れる。

10周目くらい、#11が#34を引き離し出した頃に、昼ご飯を食べにコースを離れたのですが、コースサイドを離れるとすぐに実況FM放送の感度が悪くなる。
コースを離れたときにこそ、実況FMが役に立つと思うのですが・・・
もう少し出力を上げるか、アンテナを増やして欲しいものです。

昼食後は、S字コーナーへ移動。
順位は#11、#1、#34になっていました。
その後、2位の#1 TSR 伊藤選手が2輪シケインで転倒、PITイン。
#34が2位に浮上。

この頃から実況FMで、しきりに滋賀県方面から雷雲が近づいてきているという情報を繰り返し始め、実際西の空に黒い雲が見え始めたので濡れたら困る荷物をポリ袋でくるみ、ポンチョをすぐ出せるように用意する。

そして西コースの方から雨が降り始めたと放送が入り、しばらくしてS字でも大粒の雨が降り始めコースが黒く濡れていき、コース周辺に何本も雷が落ち始める。

そんな中、#34 加賀山選手がスリックタイヤのまま猛然とプッシュし、みるみる#11 チェカ選手との差を縮めていき、1位に浮上。
そして、なんとHRCが#11にPITインのサインを出していたとの放送が入る、2輪は4輪と違って無線を搭載していないので、ホームストレートでのサインボードでしか走行中のライダーに情報を伝えられないので、このまま#11 チェカ選手がタイヤ交換でピットインすればスリックで走り続ける#34が大きなアドバンテージを得ることとなります。

しかし、西コースが晴れてきたのと、インラップ(ピットインする直前の周回)に入るときのピットサインがピットOKというライダーの判断に任せるサインに変更され、チェカ選手の判断でピットインしなかったとの情報が放送で入ってくる。

差をつけることは出来なかったけど、これで振り出しに戻すことが出来たと思った途端、1コーナーで加賀山選手が転倒というアナウンサーの叫びが入ってくる、見ると大きな土煙が見える。なんてことだ・・・

2コーナーから立ち上がってくるマシンを見ていると、遠目にも後輪が水煙を上げているの見える。S字では路面が黒く濡れている程度の降りなのに、ホームストレート~1、2コーナーはかなり降っているようだ。

加賀山選手は再スタートを切るまでに、チェカ選手が1位に再浮上。
再スタート後も、20秒、30秒とじりじり引き離されていく。

ルーティンのピットインで#11 清成選手、#34秋吉選手に交代後も差が広がっていく、そしてなんと#34秋吉選手がヘアピンでフロントから転倒との放送が入る。
さらに#11との差が開いてしまった。

その後、MOTOMAX会場をうろうろして、カシオトライアングルへ移動。

途中、チェカ選手がピットロードの速度違反で30秒のピットストップペナルティとの放送が入る、昨年の微妙なフライング判定といい、#11は不運が続きます。
実況の解説によると、加速時はリミッターがあるから違反の可能性は無いが、ピットインの減速時にピットロードの速度制限区間に入るまでに減速しきれずに違反してしまうのだろうとのこと。

このペナルティがあっても、差はなかなか縮まらず、そしてまたしてもヘアピンで#34がコースアウトしてしまい5位まで順位を落としてしまった。

この時点で1位 HRC#11、2位 ヨシムラ#12、3位 ハルクプロ#73、4位 ヤマハレーシング #218、5位 ヨシムラ#34。

#34はこのまま5位かと、思ったのですが、最後の10分~20分くらいで最終ライダー加賀山選手がヤマハとの差を1周で4秒、5秒と詰めていく追い上げでついに4位まで順位を戻す。

しかし、#34の追い上げもそこまでで、1位 HRC#11、2位 ヨシムラ#12、3位 ハルクプロ#73、4位 ヨシムラ#34、5位 ヤマハレーシング #218の順でゴール。

ヨシムラが完璧なレース展開を見せた昨年とは、うって変わって今年は様々な問題が起こる中、HRCが去年の雪辱を果たした結果となりましたが、耐久レースの醍醐味を味わえた気がする、今年の8耐でした。

あれだけ転倒、コースアウト、転倒後のマシン不調によるイレギュラピットインとトラブル繰り返しながら4位に入った、#34加賀山、秋吉、両選手は凄いです。

8耐でのOAKLEY RADAR 使用レポート

※今後OAKLEY関連の記事は、上記ブログにて扱ってきます。

« 8耐に行ってきます。 | トップページ | nuvi360修理と新Map »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182461/42000679

この記事へのトラックバック一覧です: 8耐報告:

« 8耐に行ってきます。 | トップページ | nuvi360修理と新Map »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト