フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月15日 (水)

松下製 NOKIA向け電池パック「BL-5C」に不良品、全品交換へ

昨晩深夜にソフトバンクからのお知らせSMSが届く、確認すると、NOKIAの電池パックとしてはポピュラーな「BL-5C」で充電中にショートして異常過熱や電池パックの膨張が起こるので、交換用の良品を送るとのこと。

対応方法は、各キャリアからユーザーに良品が送付されるのを待つ、またはNOKIAの確認サイトで対象となる製造番号かどうかを確認し対象であれば良品送付をNOKIAに申し込むこととなる。

所有する2個のBL-5Cのうち1個が対象となっていました。
それにしても、最近リチュウムイオン電池のトラブルが多いですね。

関連会社合同のプレスリリースはこちら

NOKIAの対象BL-5C確認サイトはこちら

2007年8月12日 (日)

Pilot PRIMACY 1stインプレッション

ランティスのタイヤを、ミシュランのパイロット スポーツ215/45R16 ↓

から、パイロット プライマシー 205/50R16↓

に変更した。

前の記事(タイヤが無い)にも書いたとおり、パイロット スポーツのラインナップにランティスにあうサイズが無くなってしまったため、やむを得ずの選択である。

同じ、ミシュランのパイロット プレセダ2やBSのRE050という選択肢もあったのだが、ランティスでライン装着だったRE010があまり好みでなかったためBSを選択するのにためらいがあったことと、050は消しゴムみたいに減るという評判も聞くので候補から外れた。(パイロットスポーツは高速主体だと5万km持ちます)

プレセダ2は、ミシュランブランドであるが、ミシュランジャパンの企画・設計によるものだそうだ。
また国産タイヤに比べればミシュランらしいが、ミシュランにしては固いタイヤという評判も散見される。
プライマシーの方は、これぞミシュランという評価や、峠向きではないが高速ではピカイチという評価が見られた。

BBSを開設しているミシュラン系のショップに聞いたところ、パイロット スポーツの乗り味が気に入っているなら、プレセダ2よりプライマシーを勧めるとのこと。
地元のタイヤショップも同意見。

さんざん悩んだあげく、プライマシーを選択した。
値段は、このところ値上がりしているはずなのに4年前パイロットスポーツを買ったときより安い。215/45R16から205/50R16に戻しているにもかかわらずである。
プレセダ2に至ってはスポーツタイヤを謳うにも関わらず更に安い。
高ければ良い商品というわけではないが、安いには安いなりの理由があるのもまた事実である・・・
ちと不安だなあ。

で、この1週間200kmほど走らせたみた。

・静粛性

パイロットスポーツで耳に付いたゴーという音は減った気がするが、それほど静かとも思えない。ま、もともと気にしていないので良いのだが。

・乗り心地

たしかにパイロットスポーツと同じ様な乗り味である。
比べると深い轍を乗り越えるときの突き上げが、若干緩和されているように感じた。
荒れた路面でハンドルに伝わる振動も減った気がする。
どちらも、どこか良くなっているだろうと注意しなければ判らないくらいである。

しかも、すり減り経年劣化で硬化したタイヤから新品へ、しかも45扁平から50扁平に交換しての印象である。

4年前、すり減ったパイロットスポーツを同じパイロットスポーツの新品に交換した時の方が、乗り心地が良くなった印象が強かったように思う。

ということは、少なくともパイロットスポーツとプライマシーを比べて、プライマシーの方が乗り心地が良いとは言えないわけである。

・ハンドリング

パイロットスポーツに比べると、ハンドリングがとても軽くなった。
後述するが、これは功罪両面で罪の部分もある。

が、少なくとも街乗りでは不満は感じない。

急ブレーキや、途中から急ブレーキにした時などいろいろ試したが、感触は良好で縦方向のグリップ力に関して問題はないと思う。

横方向の動きに関しては、パイロットスポーツより反応が鈍いようである。
連続して車線変更を行った場合、なんとなくタイミングがずれてパイロットスポーツよりハンドルを大きく切ってしまう。
ハンドリングは軽いが、路面からのフィードバックが減ったせいか、コーナリング中になんとなく不安を感じる。パイロットスポーツとくらべるとブロックが細かくて高い為かもしれない。
タイヤの性質を理解していけばまた違った印象を持つと思うのだが・・・

高速では、パイロットスポーツと同等の直進安定性を持っている。
ただし、その質が大きく違っていた。

パイロットスポーツは、前輪が引っ張っている感が強く、+40程度で流しているときから、+70~80巡航に上げた時とではハンドリングが若干フワっとした感触に変わった。

プライマシーでは、+20くらいから路面を滑るような乗り心地になり、そのまま+70まで上げてもあまり変わらない。非常に安定している。

パイロットスポーツが、路面の情報を伝えた上で安定しているのに比べて、プライマシーは不必要な情報はカットされているように感じた。

いつでも、どのようにでも動く準備が出来ているパイロットスポーツに対し、どっしりと静かに身構えているプライマシーという印象である。

どちらも、良いタイヤであるが、いまのところパイロットスポーツの方が良かったというのが正直な感想である。
サイズが無くなってしまったのでなければ、乗り心地が変わらず、グリップ力も上のパイロットスポーツから格下のタイヤに変更する意味などどこにも無いのだから。

山岳高速道路や峠道を試していないし、プライマシーは1000kmほど乗り込むとまた印象が変わるらしいので、またレポートするつもりです。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト