フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月24日 (火)

nuvi360インプレッション #3 

ちょっと面白いことがあったので・・・

単三電池4本を内蔵しUSB5Vを供給する外部バッテリーパックにnuviを接続、ルートをシミュレートさせて、どれくらい外部バッテリーが持つのかをテスト中のことでした。

名古屋から富士スピードウェイへのシミュレートで東名三好インターを通過中、突然「再検索中です」とnuviが言う。

「?!」と思って画面を見ると、なんと東名の下を直交する一般道に自車アイコンが落っこちてました。

シミュレーションで落ちるなよnuvi

2007年4月23日 (月)

nuvi360インプレッション #2

nuviにはシガーソケット用アダプタ、ACアダプタ、PC接続用USBケーブルが付属してきます。それぞれで充電できます。カタログでは外部入力10-30VとなっていますがUSBの5Vで充電できます。しかしUSBケーブルではPCとの接続画面になってしまいナビとしては機能しません。

nuviをUSB接続の外部バッテリーと組み合わせて、TLでナビとして使うにはGPSストアさんオリジナルのUSBケーブルが必要です。このケーブルであれば、PC接続画面にならずに使用できます。電話とメールでのやりとりでしたが、詳しく、親切な応対でした、また品物も発注の翌日には届きました。遠方な為お店には行けませんでしたが初めてGPSを買うのであればこういうプロショップがおすすめです。nuviやzumoのデモ機もあるそうです。

【自己責任で!!】
nuviと外部バッテリーを接続しPC接続画面になったところで、バッテリー側のコネクタを一旦外して、再度接続するとナビ画面のまま動作するということが色々試している内に判明しました。
安全かどうかは不明ですしいちいちコネクタを付けたり外したりというのは非常にめんどうなので、素直にGPSストアさんのケーブルを使用することをおすすめします。

続く

次回、ナビ画面について

nuvi360インプレッション #1

nuvi360にはbluetoothが搭載されており、対応する携帯電話と接続してカーキットとして使用可能となっている。

NOKIA6630(Vodafone702NK)と接続して使用してみた。

【接続】
特別な手順は必要なく、6630から検索するとnuviが検出されるので接続する。nuviの画面にパスキー「1234」を入力する用に指示出るので、6630で入力それだけでした。

6630側で承認済み機器に設定すれば、以後bluetoothの圏内にnuviが入ってくれば自動で接続が確率される。いままで使ったbluetooth機器のなかでもっとも簡単に接続してしまう。

nuviの側では、接続が確立するとメニュー画面の音量&輝度設定アイコンの下に受話器のアイコンが増えて電話関係のメニューに入れるようになる。

【電話帳】
電話帳は、同期ではなく電話機側の電話帳をコピーするだけのようです。
6630の電話帳には電話帳を一括して送信する機能は無いようであるが、コピーが必要な相手先をマークして複数を同時にnuviに送信することは可能であった。
この転送に関して注意しなければいけないことがひとつありました。
nuviと6630が接続状態にあると、電話帳を送信しようとしても回線が使用中であるとしてエラーになるのである。
これを回避するには、一旦nuviと6630間のカーキットとしての接続を切断(nuviのメニューから受話器アイコンが消えた状態)しなければいけないのですが、一度電話帳を送信するとその直後にカーキットとして自動で再接続してしまうので、少々面倒です。

nuviの電話帳機能はお世辞にも使いやすいとはいえません。
まず読み仮名には対応していません。よって漢字名称はの漢字の音読み順で表示されます。たとえば小と高で始まる名前は、読み方がどうであれ高で始まるものが上に表示されます。高木さんのあとに小林さんがきます。

検索は電話帳画面で「スペル」キーをタップしてソフトキーボードを表示させるのですが、「スペル」をタップするとアルファベット、その画面で「123」をタップすると数字、その画面で「キーボード」をタップするとようやくかな入力の画面になります。

その検索も、一文字でも一致したものがあれば表示してくれるのですが、半角カナは対応していません。また一旦表示されると続けて入力するのにまた何回もタップする必要があります。たとえば「島田」と検索したいときに、「し」と入力した段階でひらがなの「し」を含む相手が表示されてしまい、続きを入力するにはまた「スペル」「123」「キーボード」とタップしなければいけません。
アルファベットでの検索が基本となっているためと推測できます。

日本語版として出す以上は、読み仮名や半角カナや検索で最初にかな入力になるようにするなどの細かいチューニングが必要なのにその辺りを省いているように思えました。

【通話機能】
nuviに転送した電話帳から掛けることはもちろん、nuviで検索した店舗や施設に掛けることも可能です。

ナビゲーション中の受信は、携帯電話で設定した着信音がnuviから鳴り、nuviに登録した電話番号であれば相手先が表示され、受信するか無視するかを選択できます。選択後ナビ画面に戻ります、ナビ画面には受話器アイコンが表示されタップすると電話画面に切り替わります。

携帯電話には登録されていても、nuviの電話帳に無い番号の場合は番号がそのまま表示されます。

通話中にはトーンの送信や、保留(ミュート)することもできます。

【問題点】
上記にもあるように、検索機能については多々問題があります。
そのほかには、nuviには電話番号から所在地を特定する検索方法があるのですが、電話帳の番号から、該当するものを検索する機能がありません。コピペ機能もないので、番号を覚えるかメモるか、携帯を引っ張り出して、番号検索を入力しなければいけません。せっかく電話番号検索をもっているのに不合理です。

続く

次回は、外部バッテリーについて

2007年4月22日 (日)

鈴鹿2&4

4/15鈴鹿2&4に行ってきた。

今回もランティスでお世話になっているショップのインテグラインターシリーズ応援です。

今回は、2コーナースタンドから観戦。

これはS字の一番スタンドよりの所から

インターの終了後、2コーナーからCパドックに戻ろうとしたら、ホンダのブースでものすごくいい音が響いているので寄り道。RA302(?)のエンジンを掛けてたらしい。

Cパドックに戻ったところで、例の地震が発生。揺れました。

その後、お昼ご飯そっちのけでJSBをCパドックから観戦

ヨシムラ 渡辺篤選手 3位!

小松で知り合った人や、ランティス関係の知り合いも鈴鹿にいらっしゃってたようなのですが、現地では会えずじまい。残念!!

2007年4月18日 (水)

nuvi360インプレッション #0

ランティス及びTL用のナビとしてGARMINのnuvi360を導入しました。(比較検討記事はこちら、購入の顛末はこちら

まず訂正しなければいけないことがあります。上記の比較検討記事において、nuviのナビゲーション時の表示について、「ナビゲーションされる地点に近づくと通常の地図画面から、画面の左半分に交差点の拡大表示+右半分に交差点名等の文字情報に自動で切り替わる」と書いたのですが、これは私の思いこみでした。「自動で表示されるのは、広域表示にしておいても交差点が拡大表示される」のみでした。訂正致します。(同記事は既に訂正してあります)

さて、nuviを選択した理由は、次の点に魅力を感じたからです。

・bluetoothカーキットとして使える
・薄い、小さい、軽い
・画面スクロールがドラッグであり、拡大縮小が簡単
・オービスデータが登録できる
・4月からオープン価格になり、10,000円以上値下がりした(笑)

このなかでも重視した理由は、カーキットとして使えるという点です。
私が使用している携帯電話、NOKIA6630(vodafone702NK)はストレート端末という形態も相まって本体のハンズフリー機能のみでも何とか使えていました。
しかし世の中には単純なハンズフリー機能に留まらず、液晶ディスプレーを内蔵し携帯の電話帳と同期して発着信を可能にするカーキットなるものが存在するのです。

このカーキットを以前から探していたのですが、NOKIA純正で狙っていた616bluetoothカーキットは国内販売されておらず、expansysでの値段も5万円を超えています。非純正ですが国内販売されているMC3100でも3万円以上です。その値段を考えるとmioとの1万円以上の差額も安く思えて来ます。

nuviの輸入元の「いいよネット」が公開している対応端末リストによると、ソフトバンク702NKは乗っていませんが、後継の702NK2と、ドコモ版6630である850iGが載っていました。不可解なのは対応する機能が702NK2と850iGで一致していないんです。702で駄目な機能が850では完全対応だったり、またその逆だったりです。
nuviのカタログで使われている端末が6630でしたから、まあ大丈夫だろうと判断しました。結果としては大正解、まだ検証していない機能もありますが基本機能(電話帳転送、発着信)にはなんら制限はありませんでした。
先週末、鈴鹿2&4の観戦に鈴鹿サーキットに行った際に使用しましたがナビとカーキットが一緒になっているととても便利です。ナビで検索しておいてそのままハンズフリーで発信できるのですから。
最近になって、ようやくbluetoothを搭載した携帯も増えてきたし、自動車メーカーの国内向け純正ナビもbluetoothを搭載し始めたようですからこういった機能も普及していくと思います。

続く

次回は、導入設定とnuviと702NKの接続と電話帳転送について書きます。

2007年4月17日 (火)

バイク用ナビ #3

結局、nuvi360を買ってしまいました。購入先はJoshinのe-naモール店、55,700円。
同じJoshinのJoshin web店だと59,800円に5,980円分のポイント付加で実質金額は53,820円と1,880円安いのですが、普段Joshinを使っていないのでポイントで貰ってもしょうがないと判断しe-naモール店で電源直結ケーブル共々購入。
送料は両店舗とも無料でした。

詳細は後日。

2007年4月12日 (木)

バイク用ナビ #2

webCGで、この手のナビの特集がスタートしてました。写真や仕様書だけではわからない車載キットの試用レポートが参考になります。

バイク用ナビ

自分は地図を読むのも趣味の内なので、特にナビの必要性は感じていないのですが、やはり現在地をロストしたときには便利なんだろうという想像はつきます。

ここ1年ほどで、各社から小型のメモリーナビが出始め、これなら持ってても邪魔じゃなくて便利だろうなと思い始め、いろいろと比較検討してみました。使用環境はランティスとTLと両方に付け換えて使います。ランティスでは付属してくる車載キットを使用、TLではRAMマウントなどの恒常的なホルダーは取り付けずに、タンクバッグのマップケースに外部バッテリーごと放り込むつもりです。

現状で日本語版が入手出来るメモリータイプのナビ専用機という条件でリストアップすると、まず次のように絞られました。
PONTUS エディア シリーズ
・クラリオン DrivTrax P5

・マイタック mioC311
・  〃   mioC323←これはクラリオンのOEMでしょうか?
GARMIN NUVI360
・ホンダ GATHERS Mの新型
(これはGARMIN ZUMO550のOEMです)
・サンヨー ミニゴリラ
Broadzone 迷WANシリーズ
・ソニー nav-u

このうち、ミニゴリラ、迷WAN、mioC310、のデモ機を触ることが出来ました。
※mioC311は310にPocketMappleDigitalを付加したもの、ナビソフトは同じ。
まず、ここでも指摘されているように迷WANにはナビそのものにいろいろと問題が多そうでなので、除外決定。バイクDE迷WANのウインカー機能などは便利そうなだけに惜しいけど・・・

mioにも迷WANと同じ最小縮尺表示の問題とか、音声ガイドの間違いとかソフト上の問題が色々あるようですが、ハードの問題として画面の拡大縮小が本体横のハードボタンで行うようになっています。ランティスで使う時は良いですが、TLで使う際にはタンクバッグのマップケースに放り込むのでこの位置では拙いです。というわけで、mioC311も除外決定。

ミニゴリラは最小縮尺も問題なく、画面が大きいからルート表示も見やすいです。画面サイズが大きいから横幅はありますが、バッテリーを内蔵していない分薄く仕上がっています。あとミニゴリラの上位機種はワンセグ放送が受信できます。問題はバッテリーを内蔵していないこと、地図表示をスクロールするのにドラッグするのではなくてタッチした方向にスクロールするので位置決めの微調整がやりにくいこと、縮尺の変更が画面のアイコンを押して縮尺一覧アイコンを表示させそのなかから希望縮尺を選択するという一手間多いし押し間違えやすい方法であること、SiRF StarⅢ搭載機より受信感度が落ちることです。自位置をロストした際の再測地に数秒で再測地するSiRF StarⅢ搭載の迷WANより10秒ほど遅れるそうです 。

地図表示のスクロールは、素手で直接画面を触ってやりにくいと感じたのですから、マップケースに入れてグローブをはめた状態では更にやりにくそうです。縮尺変更も同じようにやりにくそうです。縮尺の変更は表面にあるハードボタンを使う迷WANの方がやりやすいですね。

以下はデモ機が無かったのですが、エディアシリーズは仕様をみると最小縮尺が250m表示までしかできず、電話番号検索が無いあたりが気になりました。

クラリオンとmioC323は、まだ発売前ですが、メーカーサイトを見る限りなかなか良さそうです。気になるのは交差点の案内表示が、実際の道路案内(交差点の手前にある青い板状のヤツ)を模した表示で、情報が多いのはいいけど実際には見にくいんじゃないかなと思います。その他の表示方法も用意されているとは思いますが・・・。あとは全体にフォントが小さめなのも気になります。左端にこの先で曲がる交差点までの距離曲がる方向がバーとアイコンで表示されるのですが、それも小さめです。

GARMINのNUVI360とZUMO550は、ナビソフトと地図データは同じのようです。縮尺変更は画面右上左上にある+-アイコンをタッチすると変更、スクロールはドラッグ、交差点にさしかかると左半分に交差点の拡大表示、右半分に交差点名と進行方向が大きく表示されます。(結局nuviを購入していろいろ設定を試してるところです、地図は交差点に差し掛かると自動で拡大されますが、左半分に地図、右半分に交差点名の表示に自動では変わりません。画面をタップして切り替える必要があります。間違った書き込みをして申し訳ありません。)地図表示無しでラリーのコマ地図のような文字と矢印のみの表示も可能。検索件数もメモリーが大きいため住所2000万件、電話番号800万件と多いです。それからこの2機種はbluetooth搭載なのでカーキットとしても使えます。気になるのはNUVI360は経由地が1カ所しか設定できないことです。
ZUMO550はNUVI360を防水にして、トラックログを取れるようにして、bluetoothにヘッドセットプロファイルを追加したものです。その分厚みがかなりあります。それから今のところホンダからGATHERS Mとしてしか販売がされないようなのですが、ホンダ版にはバッテリーが内蔵されていません、汎用外部バッテリーが使用できるかどうかも不明、バイク用のステイしか付属しない。といった問題があります。また他機種の値段が4万円~6万円なのに対しZUMOは約10万円、ホンダではなくGARMINから出ている4輪用の車載キットや内蔵バッテリーを揃えると13万近くになりそうです。防水でヘッドセットプロファイルを持っていてトラックログが取れても高いです。

ソニーのnav-uは唯一自立航法機能を搭載しているのが良いですね。これも表示には問題無さそうです、VICSユニットが追加できるのもこれだけです。気になるのは自立航法システムの為か厚みが4cm以上あります、マップケースに入れるにはちょっと厚い。それと本体メモリーが少なめなのかデータが大きいのか、詳細地図は地方毎に入れ替える必要があり、検索データもメモリースティックに入れる必要があるようです。入れ替えるのも面倒だし、いまさらこのためだけにMSを買うのもねぇ。

こうして調べてみると、思っていた以上に高性能なのと各機種で違いが大きいのにで驚きました。
クラリオンとソニーは後発だけあって、ワイド画面で地図が見やすそうなのが良いですね。
GARMINは指示が読みとりやすそうなのとbluetoothカーキットとして使えるのが良いです。オービスデータが用意されるのも○。

DrivTrax、NUVI、ZUMO、nav-u、まで絞ってきましたが、一長一短です。
まだまだ迷いそうです。

2007年4月10日 (火)

10周年

私事ですが、今日は私の誕生日且つnifty入会10年経過日だったりします。何歳になったかはヒミツです。(笑)
niftyserveから@niftyに変わった頃から毎年入会○年目御礼のメールと、誕生日お祝いメールが届くようになり、誕生日にniftyを使い始めたのに気付きました。(^^ゞ
もう10年も経つんですね、使い始めた頃はWin95もありましたが、まだDOSも現役だったし2400bpsの外付けモデムにいちいち繋いで、ピーガーピーガーやってたもんです。インターネットではなくてパソコン通信でしたし、メールもコミュニティ(当時はフォーラムやパティオと呼んでいました)もniftyserve内のものに限られていました。その当時のniftyのメールも、フォーラムもサービス終了してしまいました。変わるものです。

この10年で各プロバイダーの垣根がなくなり、いろんな人がコミュニティに参加するようになり、良い面も悪い面もうかびあがってきました。マナーにしても、私のような古くからの利用者は、HTMLメールや無改行メール、圧縮していないファイルの添付などは御法度と、コミュニティで教わったものですが、それは当時のネット環境の性能が低かった為であり、最初から高性能な環境が調っていれば、テキストや圧縮を掛けてやる必要も無いのですから、ADSL時代からの人にはぴんとこないでしょうね。私も数年前までは、「こんな大きな無圧縮ファイルを添付して・・・」とムッとしてましたが、いまでは自分でもわざわざ圧縮してファイルを送ることは無くなってしまいました。相手の環境がFTTHだとわかっていれば、数十MBのファイルも送ってしまいます。時代は変わるんですねー。それでも最近の新しいマナー(?)としてmixiで言われている読み逃げなんて考え方には、いまのところ首をかしげてしまいます。

とまあ、こんなふるい脳内環境を引きずった筆者ですが、今後ともお付き合い頂ければ幸いです。

2007年4月 3日 (火)

OAKLEY RADAR

OAKLEYのオフィシャルサイトからRADARのmetallicred/+redIridiumが表示されなくなりましたね。オンラインショップも兼ねているみたいだから、たんなる品切れかもしれません。

まさか、いきなり廃盤じゃないよね!?

日本モデルのラインナップにもこの+redIridiumのレンズが入っていると嬉しいな♪

2007年4月 2日 (月)

xfy Blog EditorでTEST投稿

xfy Blog Editorをつかってみました。

Image Thumbnailプラグインを使ってみましたが、うまく開くでしょうか?

つぎに、Google Mapsプラグインを使ってみました。表示場所は鈴鹿サーキットの9番ゲート付近、Editor上ではグレー表示で確認できないようです。

三重県鈴鹿市稲生町7992
Latitude : 34.842000
Longitude : 136.541383
追記 表示できたけど、GoogleMapの右が切れますね。表示設定があるのかな?

追記2 地図の表示幅を320ピクセルにしてみました。場所は
マツダの横浜R&Dセンター。ランティス誕生10周年記念ミー
ティングの会場となったところです。
右上の半円になった駐車場に70台以上のランティスが集まりま
した。
神奈川県横浜市神奈川区守屋町2-5
Latitude : 35.482070
Longitude : 139.648543

追記3 GoogleMapを入れた所より後半でで改行がうまく出来なく
なってしまいました。最後2文字ほどが切れます。
適当なところで手動改行してやればいいんだけど。
あと、GoogleMapを表示させると重いですね。多用すると読み
にくそうです。
というわけで、しばらくこのxfy Blog Editorをつかってみます。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト