フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« MSショック交換 その後 | トップページ | 車検整備の途中経過 »

2006年8月18日 (金)

16万キロ

お盆中に、ランティスの走行距離が16万キロを越えました。
10万キロが2002年の11月ですから3年9ヶ月で6万キロ走破です。年間1.6万キロといったところですね。
以前は年間2万キロいってましたから少しペースダウンです。いろいろ細かい消耗パーツは壊れましたけど、基本的に快調な個体だったと思います。 
0~10万キロで壊れたところ
 ・ホーンボタンのスプリング(無償で対策品へ)
 ・ヘッドライトレンズ(レンズの曇り、無償で対策品へ)
 ・エアコンのコンプレッサー
 ・エアコンのクラッチ
コンプレッサーが6万キロ位、エアコンのクラッチは9万キロくらいでダメになりました。

10万キロ~16万キロで壊れたところ
 ・タイミングベルト交換(予防交換)
 ・エンジンマウント交換
 ・MSショックへ交換
 ・プーリー交換(2カ所、12万キロと15万キロくらいのとき)
 ・LHA 打ち換え(KF持病のカタカタ音以外の音がしはじめたため)
 ・MSショックオイル漏れ(1本、替えてから3.5万キロくらい)

プーリーは、壊れるかなり前から異音で判りますから大事には至りません。普通はね・・・(^^ゞ 
自分の場合は、2回目(昨年の11月)の時に異音がしはじめてプーリーなのは判っていたのですが、忙しくて1週間以上ショップにもっていけないまま乗っていたら、出先でプーリーが焼き付いてベルトが切れました。切れたのはパワステのベルトでした、単に重ステになるだけなら、自走も可能だと判断して切断現場から数キロのマツダディーラーに連絡をして持ち込みました。
ディーラーも同じ判断で、とりあえず切れたベルトが他を傷つけていないか点検してもらうことにしました。
点検を始めてすぐにメカさんがやってきてこのまま乗って帰るのは無理だと告げられました。実はランティスはパワステポンプとウォーターポンプを同じベルトで動かしているのだそうです。ということはこのままではオーバーヒートしてしまいます。
結局預けて帰宅し、後日近所のディーラーまで配送してもらうことしました。

教訓:異音がしたら理由がわかっていてもすぐ修理!!

« MSショック交換 その後 | トップページ | 車検整備の途中経過 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182461/11493884

この記事へのトラックバック一覧です: 16万キロ:

« MSショック交換 その後 | トップページ | 車検整備の途中経過 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ランティス関連サイト

TL関連サイト

友人サイト

LINK

  • DOUBLE O GlassesGEAR DOUBLE O GlassesGEAR
    いつもお世話になっている、京都の眼鏡屋さん。店長さんはバイク乗りです。

  • Kushitani Shop Nagoya-East Kushitani Shop Nagoya-East
    TL用のウェアでお世話になっている、クシタニ名古屋東店のオフィシャルHP
    バイクと旅にまつわるショートストーリーがお薦めです。

  • BlueImpulseFan.net -ブルーインパルス応援サイト- BlueImpulseFan.net
    ブルーインパルス応援サイト

  • AIRock Aerobaticc Team AIRock Aerobaticc Team
    元イーグルドライバー ロック岩崎 氏により創設された 日本初のエアショーチーム

OAKLEY Style club Japan

  • OAKLEY Style club Japan OAKLEY Style club Japan
    OAKLEY 07年11月に発足したオーナーズクラブのブログ。
    #74とモータースポーツ部部長を拝命してます。

OSJメンバーサイト